赤瓦の屋根とシーサー、沖縄の原風景に触れられます!竹富島

竹富島へのアクセスは高速船です!

竹富島は、大阪・東京から直行便のある石垣島から高速船で約10分の距離にあります。赤瓦の屋根、屋根の上のシーサー、サンゴの石垣、白砂の道、色鮮やかなブーゲンビリアなど沖縄の原風景に触れることができますよ。島全体が西表石垣国立公園に指定され、島を守るために「竹富島憲章」が制定されています。「売らない」・「汚さない」・「乱さない」・「壊さない」・「生かす」の基本原則がうたわれ、島の伝統文化と自然・文化的景観を守る取り組みが進んでいます。

水牛車で島をまわろう!

サンゴ礁でできた平坦な竹富島は、周囲が約9kmしかありません。「あいのた」・「いんのた」・「なーじ」の3つの集落に、約350人の住民が暮らしています。木造赤瓦の民家と白砂の撒かれた道をのんびり歩くのもいいし、レンタサイクルで島を一周するのも良いでしょうが、水牛車に揺られながら集落をまわるのも、この島ならではの楽しみ方ですよ。ガイドが三線を奏でながら「安里屋ユンタ」を歌ってくれます。ゆったりとした島時間は、心身をリフレッシュさせてくれますよ。

白砂のビーチで遊ぼう!

エメラルドグリーンの海とサンゴの白い砂浜は、まさに南の島ならではのリゾートです。青と白の鮮やかなコントラストのビーチで、海水浴を楽しみましょう。コンドイビーチは竹富島で唯一泳げるビーチです。隣のカイジ浜での星砂探しは、小さいお子さんだけではなく大人も夢中になってしまいます。自分で探した星砂をガラスの小瓶に入れれば、旅の思い出の品となるでしょう。「なごみの塔」や「ンブフル展望台」から島全体を眺め、夕暮れ時には「西桟橋」からサンセットを楽しみ、暗くなったら満天の星空があなたを癒してくれるでしょう。

竹富島のツアーでは、豊かな自然を満喫できるプランが多数存在するため、日常を離れてリフレッシュしたい場合に最適です。