買う前に考えよう!中古車を選ぶ際のポイントとは

安い車を見つける為には「年式」に注目!

中古車を選ぶ際には「少しでも安い車を!」と思う人も多いのはないでしょうか?そんな時に注目したいのが車の「年式」です。年式が古い車は当然新しい車よりも低価格で手に入ります。特にモデルチェンジを多くしている車であれば、1,2年古いだけでも金額が大きく変わることがあります。古い年式だとあまり走らないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、車の走行距離は必ずしも年式に比例するわけではありません。例えば前のオーナーが買ってすぐに手放した車であれば、まだまだ走ることも可能なわけですね。新しい年式にこだわらずに、少し古いモデルの車を探してみるのもいいかもしれません。

同じ車でもボディカラーによって値段が違う?

まったく同じモデルの車であっても、ボディカラーによって値段が大きく変わることがあります。人気のカラーは高く、あまり人気のないカラーは安くなるわけですね。一般的に価格が高くなりがちなのが「白」と「黒」の2つです。この2色は飽きが来づらく、無難で乗りやすいカラーなので人気が高いです。逆を言えば、白と黒意外のボディカラーの車なら安く手に入る可能性があるということです。特にこだわりが無ければ、マイナーカラーの車を選ぶといいかもしれませんね。ただし、車種によっては白と黒意外の色が人気の場合もあるので注意してください。

走行距離の少なすぎる車は要注意!

中古車を選ぶ際に気になるのが走行距離ですよね。10万キロ以上走っている車だとためらってしまう・・・なんて人も多いのではないでしょうか?しかし逆に「走行距離の少なすぎる車」にも注意が必要なんです。新しい車であれば問題ないのですが、古い年式にもかかわらず走行距離が少ない車は「長い間動いていなかった」という可能性があります。車は定期的に走らせておかないとエンジンが動かなくなってしまうので、ある程度走行距離のある車を選ぶといいですね。また、同じ走行距離であっても前のオーナーのメンテナンス次第で車の状態は大きく変わってきます。「まだそんなに走ってないから大丈夫だろう!」と安易に考えるのは危険かもしれません。試乗できる中古車もありますので、買う前に車の状態をよく確認することが大切です。

ボルボの中古車は価格が安いのに、乗り心地が良いので最適です。まずは口コミサイトを参考にしながら、業者のホームページでそれぞれの車種を十分に比較することが大事です。