車検の取得場所別の得意不得意や特徴の3特集!

よくある一般的な民間車検

ほとんどの方がこの民間車検にお世話になっているのではないかと私は思っています。民間車検て?と思ってる方に簡単に説明させてもらいます。よく目に付くところはガソリンスタンド等です。その他には個人でやっている車修理工場などです。この民間車検の特徴と言えば手頃な価格帯とスピードになります。決まっている検査箇所のみの点検などだけを行ったりしてお客さんの回転率を上げているので客単価もそれに伴い抑えることが可能となっています。

じっくり点検何より安全な車検

次に説明させてもらう車検取得場所はディーラー車検と呼ばれるものです。各メーカーの直営工場や提携工場に点検等をしてもらう為通常の民間車検では検査をしないような箇所までしっかりと見てくれます。また交換部品はほぼ間違いなく純正部品が付きますのでその車に合った部品の為安心感が格段に上がります。しかし、民間車検に比べ値段は割高となっていますし他社製の車は検査をしてくれるものの自社製品に比べると弱い部分があります。

金額を抑えることに重点をおくなら

あまりする方も多くないのですが金額を抑えるならこの車検が一番です。その名もユーザー車検です。この車検持ち主自らが地域の陸運局に行き自分で検査を行い自分で部品の取り外しをします。これを行う事により通常の車検の時に工場に支払う手数料、点検代諸々が掛からないので必ず必要になってくる更新代など以外を抑えられます。ただし、陸運局で出来るのは平日のみとなっているので平日に休める方と難しくはありませんがタイヤの取り外しなどを行える方に限ります。

車検はディーラーやガソリンスタンドで取り扱っていますが、専門の業者を調べておけば、もっと安い費用で済ませることができます。